FIBC2015 開催概要

F

「金融イノベーションビジネスカンファレンス(FIBC)」は、
Fintech分野で国内最大規模のイベントで、今回が4回目の開催となります。

Fintech分野で日本唯一のピッチコンテスト「FinPitch」やネットワーキングなどを通じて、
金融ベンチャー企業・金融機関・ベンチャーキャピタル・メディア等が
直接交流することができる貴重な場として、例年好評をいただいています。

FIBC2015は終了しました。FIBC2016はこちらから
FIBC2016 金融イノベーションビジネスカンファレンス Financial Innovation Business Conference 2016年2月25日(木) 丸ビルホール

 
開催にあたり、ピッチコンテスト出場者として、事業規模や法人・個人の別、サービス提供実績を問わず、
「金融分野における先進的かつ革新的なサービスの提供者」を募集します。

「FinPitch」エントリー締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました!!

出場者には、サービスの先進性・革新性をアピールする7分間のデモンストレーションを中心とした発表を
行っていただきます。終了後は、審査員の採点および来場者投票により、優秀なサービスを表彰します。
今回から新たに審査員による採点方式を導入し、専門家の視点での評価を加味します。

イベント概要

日 時: 2015年2月26日(木) 第1部 13:00~17:00/第2部 17:00~19:00 (受付開始12:30)
会 場: 日本橋三井ホール (東京都中央区)
主 催: 株式会社電通国際情報サービス
定 員: 300名
参加費: あり(事前登録制)

  • 学生チケット          : 2,000円
  • Fintech(金融ベンチャー)チケット  : 3,500円
  • 早割一般チケット(12/25まで) : 5,000円
  • 一般チケット(12/26より)   : 7,500円
    ★特典①:チケット購入者全員に、もれなくハイヤーサービスUberの初回限定クーポン4,000円分をプレゼント。
    ★特典②:チケット購入者全員に、もれなくAite Groupの「Top 10 Trends in 2015 Summary(日本語版)」をプレゼント。

※講演会場およびネットワーキング会場にて写真撮影や360度カメラによるビデオ撮影を実施いたします。
また撮影した映像はFIBCホームページ等で公開される場合がございます。ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

 

参加申込


参加申し込みにおけるご注意事項(FAQ)
※報道関係のお問い合わせ、取材のお申込みはFIBC事務局(g-fibc@group.isid.co.jp)までご連絡ください

 

プログラム

<第1部> 13:00~17:00

  • オープニング
    株式会社マネーフォワード 代表取締役社長 辻 庸介氏
  • オープニングスピーチ
    Arbor Ventures マネージングパートナー Melissa Guzy氏
  • FinPitch
    国内唯一のFinTech分野におけるピッチコンテスト。
    選考を通過した12サービスおよび特別枠2サービスによる発表。
  • キーノートスピーチ
    シンクタンク・ソフィアバンク 代表 藤沢 久美氏
  • 表彰

<第2部> 17:00~19:00

  • ネットワーキング
    軽食をご用意しております。FinPitch登壇企業のブースも設置いたします。

※現在プログラム調整中のため、プログラム順、時間は変更される場合があります。予めご了承ください

 

オープニングスピーカーのご紹介

arborfinal-4_ISID

Melissa Guzy氏
Arbor Ventures マネージングパートナー

大学院修了後、半導体企業を共同創業、CEOに就任。米大手ベンチャーキャピタルVantage Pointからの出資をきっかけに後にVantage Pointに参画。2007年には香港、北京や上海にオフィスを開設、Vantage Point Asiaのマネージングディレクターに就任。25年以上の起業家及びベンチャーキャピタリストとしてのキャリアの中で世界中のスタートアップに投資を行ない、多くを成功へと導いてきた。2013年にArbor Venturesを創業、Managing Partnerに就任。Fintech領域を中心にアジア全域で投資を行っている。

 

キーノートスピーカーのご紹介

Fujisawa _MG_1353_ISID_4藤沢 久美氏
シンクタンク・ソフィアバンク 代表

大学卒業後、国内外の投資運用会社勤務を経て、1996年に日本初の投資信託評価会社を起業。1999年に同社を世界的格付け会社スタンダード&プアーズ社に売却後、2000年シンクタンク・ソフィアバンクの設立に参画。現在、代表。2007年、ダボス会議を主宰する世界経済フォーラムより「ヤング・グローバル・リーダー」に選出。文部科学省参与他、政府各省の委員や公的機関の理事、上場企業の社外取締役なども務める。著書は、『なぜ、川崎モデルは成功したのか?』他多数。

 

FinPitch審査員のご紹介

 

Shibata柴田 誠氏
株式会社三菱東京UFJ銀行 IT事業部 プリンシパルアナリスト

1984年東大経済学部卒、東京銀行入行。池袋支店を経て、英国オックスフォード大学で開発経済学修士取得。
経理部、名古屋支店、東京三菱銀行の企画部を経て、1998年以来、現在の部署で金融IT関連の新しい技術・
ビジネスの調査・研究・開発に従事。 海外のコンテストにも関与しており、EFMA-Accenture のInnovation Awardsでは
創設以来審査委員を務めている他、Future Ideas Worldwide Academic Competition の審査も担当。


Takaoka高岡 美緒氏
マネックスグループ株式会社 執行役員 新事業企画室長、マネックスベンチャーズ株式会社 取締役

1999年英国ケンブリッジ大学自然科学部物理学科卒業。ゴールドマン・サックス証券会社、
モルガン・スタンレー証券(現モルガンスタンレーMUFG証券)などを経て2009年にマネックスグループに入社。
マネックスグループではM&A、戦略投資の執行などを担当し、現在はマネックスベンチャーズにて
マネックスのコーポレートベンチャーキャピタルの運営及びマネックスグループの新規事業の立ち上げを担当。


tetsuya-isozaki_2-2磯崎 哲也氏

Femto Growth Capital LLP ゼネラルパートナー/公認会計士

早稲田大学政治経済学部経済学科卒業後、長銀総合研究所、ネットイヤーグループ株式会社CFO等を経て、
2001年磯崎哲也事務所を設立し代表に就任。以降、カブドットコム証券株式会社社外取締役、株式会社ミクシィ社外監査役、
中央大学法科大学院兼任講師等を歴任。公認会計士、税理士、システム監査技術者、公認金融監査人(CFSA)。主な著書に
「起業のファイナンス」「起業のエクイティ・ファイナンス」のほか、ブログ「isologue」、メルマガ「週刊isologue」も配信。

 

Nishida西田 隆一氏
B Dash Ventures株式会社 シニア・インベストメントマネージャー

インプレス(現インプレスR&D)やCNET Networks Japan(現朝日インタラクティブ)といったメディア企業で、
インターネットマガジンやCNET Japanといった雑誌およびやオンラインメディアで編集長を歴任する。
一貫してテクノロジービジネスに関するメディアやイベントの運営に携わり、直近ではAOLが運営する
TechCrunch Japanの編集長を務める。2013年春からベンチャー投資やB Dash Campといったイベントを手がける
B Dash Venturesに参加し、ベンチャーキャピタリストとしてのキャリアをスタートさせている。

堀先生_fibc2堀 天子氏
森・濱田松本法律事務所 弁護士

2001年慶応義塾大学法学部政治学科卒業、2002年弁護士登録、森・濱田松本法律事務所に入所。2008年12月より金融庁総務企画局に出向、金融行政に携わり、2009年に資金決済に関する法律とその政府令の策定等に関与。2010年に弁護士業務に戻り、金融機関、クレジットカード会社、PSP、電子マネー発行会社、その他各種事業会社に対する金融アドバイスを行っている。2014年より金融審議会専門委員に就任し、決済業務等の高度化に関するスタディ・グループにおける審議に法律実務家として参加。主な著書に、「実務解説資金決済法」など。

 

FinPitchモデレーターのご紹介

泉田さん泉田 良輔氏
株式会社ナビゲータープラットフォーム 取締役 Longine編集委員長

2000年慶応義塾大学商学部卒業。同大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科修士課程終了。
大学卒業後、日本生命保険・国際投資部にて外国株式運用のファンドマネージャー、フィデリティ投信・調査部で
テクノロジーセクターの証券アナリスト。2013年ナビゲータープラットフォームを共同創業し、個人投資家向け経済メディア「Longine」編集委員長に就任。著書に「Google vsトヨタ 『自動運転車』は始まりにすぎない(角川EPUB選書)」、
「日本の電機産業 何が勝敗を分けるのか(日本経済新聞出版社)」。

FinPitch登壇サービスのご紹介

asukabu_jpg

あすかぶ!
Finatext Ltd. CEO & Co-Founder 林 良太氏
<新感覚!!役立つみんなの株当てアプリ>「あすかぶ!」は、主に若年層の株取引に興味がある人や、株の初心者や、個人投資家などをターゲットとした新感覚株アプリです。1日1つ指定される銘柄の翌営業日の株価(「あす」の「かぶ」価)が上がるか下がるかを予想することが主な機能としており、初心者でも判断しやすいように、指定銘柄のチャート、企業の説明、ニュース、そしてユーザーのコメントを確認できるタイムライン(みんなの声)などのコンテンツを用意しています。

 

14デザインルール

アノマリーサーチ
株式会社デザインルール 代表取締役 佐藤 哲也氏
<集合知とAI応用による投資戦略エンジン>人工知能と集合知を応用した投資戦略(アルゴリズム)の検証とシグナル配信を行うサービスです。経済統計や多様な金融商品価格のデータを利用した、まるで証券アナリストのような投資判断ロジックをアルゴリズムとして実装可能です。またユーザ間での戦略共有・改変機能といった集合知機能と、機械学習による戦略パラメタ最適化機能等を装備しており、投資家が容易に高度な投資戦略の成果を利用することが出来ます。

 

R_ETF_trans

ETFラップ
株式会社お金のデザイン 代表取締役社長 廣瀬 朋由氏
<ETF特化型投資一任運用サービス>「ETFラップ」は、金融業界のベテランが最新鋭のテクノロジーを駆使して生み出した日本で初めてのETF特化型投資一任運用サービス。業界第一人者の加藤康之教授(京都大学大学院経営管理研究部)が監修した運用手法とヒトの潜在的ニーズを読み取る階層分析手法を組み合わせたロボアドバイザーの仕組みを使うことで、機関投資家と同水準の運用で一人ひとりのライフサイクルに合わせたグローバル分散投資による資産価値保全を実現します。

 

08Capy

Capyキャプチャ/Capyリスクベース/リアルタイムブラックリスト
Capy Inc. 事業開発本部長 島津 敦好氏
<法人向け不正ログイン対策ソリューション>近年増加の一途をたどる新しいサイバー攻撃、不正ログイン攻撃(他サイトなどから不正に取得したユーザーIDとパスワードのリストを使って、不正ログインを繰り返しトライする攻撃手法)。これに対して、Capyはユーザビリティの高いCAPTCHAやリスクベースなどの不正ログイン防止技術を開発。ユーザビリティを高めながらも、しっかりと不正アクセスを守り、サービス事業社にとって使いやすい認証技術を提供しています。
※2月2日に同社より発表された「リアルタイムブラックリスト」を追加いたしました

05Freee

クラウド給与計算ソフトfreee
freee株式会社 代表取締役 佐々木 大輔氏
<1クリックでできるクラウド給与計算ソフト>「クラウド給与計算ソフト freee(フリー)」は、従業員が直接クラウドに個人情報や勤怠情報を登録することで、給与事務の知識がなくても1クリックで給与額・税金・保険料の計算などを行い、給与明細の配布、総合振込ファイルの作成、クラウド会計ソフトfreeeへの仕訳登録を行うことができるツールです。年末調整にも対応しており、知識がなくても簡単に年末調整業務をペーパーレスで行うことができます。

 

12coincheckcoincheck for EC
レジュプレス株式会社 代表取締役社長 和田 晃一良氏
<ビットコインの決済を10分であなたのECに>coincheck for ECではビットコイン決済を提供します。購入者からビットコインでの支払いを受け付け、それを日本円に換金し、店舗に日本円で振り込みます。月額基本利用料は0円、決済手数料はたったの1%です。消費者の購買体験がオンラインへと移行しつつある中で、クレジットカードの高い決済手数料、遅い入金サイクルに悩まされている店舗を、ビットコインの決済によってより効率化します。

 

matrixTitleスーパー乱数表
バンクガード株式会社 CTO 藤井 治彦氏
<ローテクで最新のサイバー攻撃を防御>不正送金額は世界で2000億円以上となり中間者攻撃や乗っ取りなど高度なサイバー攻撃が増加。従来技術はハイテクだが ①一部の攻撃しか防御できない ②一部の利用者しか防御できない ③高価 ④利便性の課題があった。スーパー乱数表は画像を用いフィッシング攻撃等による全乱数窃盗を防御し、送金先口座番号指定時に乱数表を使うことにより中間者攻撃などを防御。印刷物なので安価。キャッシュカードの裏などに印字でき利便性がよい。

ZUU会社log

ZUU Signals
株式会社ZUU 代表取締役社長兼CEO 冨田 和成氏
<保有株の重要な情報のみが届き、株がわかる>株価やニュース情報を提供している従来のツールは情報が煩雑になっており『自分が保有している銘柄にとって重要な情報は何か?』が大変分かりづらい状況です。本サービスでは、ユーザーの保有株や注目株に関する重要な情報のみを独自のアルゴリズムにて厳選し提供します。またユーザー自身が売り/買いの株価を設定することにより、その株価に近づいた際に分かりやすい信号でアラート表示をするなど、重要な情報のみを分かりやすく取得し、資産運用を行うことが出来るツールです。

03BearTail tate

Dr.Wallet
株式会社BearTail 代表取締役社長 黒崎 賢一氏
<一生使える全自動おカネ管理サービス>「Dr.Wallet」(ドクターウォレット)は、記帳負荷の最も低い全自動のお金管理サービス。家計簿が継続しない最大の理由である、入力の手間を最小化するユニークな入力方法を開発。一生使うお金管理サービスを目指している。
・ユニークな入力方法 1.レシートをスマホアプリで撮影送信し、入力オペレーターが入力代行。 2.銀行やクレカのオンライン利用明細の自動取得。 3.機械学習による購買データの自動カテゴリ分類。

Portrait

Moneytree
マネーツリー株式会社 代表取締役社長 ポール チャップマン氏
<あなたの一生通帳、家計簿より楽チン!>Moneytreeは銀行、クレジットカード、電子マネー、ポイントを一元管理できるシンプルでパワフルなiPhone/iPadアプリです。一度登録するだけで、自動的に残高が更新され、収支状況を把握できます。利用明細は費目ごとに自動的に集計され、カスタマイズも可能。選択した項目をExcelで出力など、他のソフトとの連携もスムーズです。Appleが選んだBest of 2013、2014を2年連続受賞。

 

メリービズ
メリービズ株式会社 代表取締役社長 工藤 博樹氏
<経理業務のアウトソーシングサービスの提供>メリービズは、世界初のクラウドソーシングを活用した、経理サービスのビジネスです。簿記や経理の知識を持つ在宅のスタッフを活用し、レシート・領収書等の経理書類をデータ化するサービスを提供しています。様々な企業のバックオフィス業務をサポートしていきいきと働けるような世の中にし、日本を元気にすることを目指しています。また地方の方や女性および障害者を積極的に活用し、社会課題の解決に対しても取り組んでいます。

 

07liquidLiquid Pay
株式会社Liquid 代表取締役 久田 康弘氏
<からだ決済サービス>独自の生体認証技術を用いた決済手段の提供を行っています。既存のIDより高セキュリティにも関わらず、物理的なIDを発行する必要がないため発行費用がゼロなど低コストで導入できる点が特徴です。既存の決済インフラが導入出来なかった短期間のイベントや新興国の新しい決済インフラとして普及を行うことを予定しています。

 

 

FinPitch登壇サービス 特別枠 ~大企業におけるFinTechチャレンジ~ のご紹介

17answerマネックス証券

answer
マネックス証券株式会社 執行役員/マネックス・ラボ 室長 飯田 敦氏
<投信銘柄選びアプリで資産運用をサポート>資産運用における「どの銘柄を買えばいいかわからない」という声に対し、ほぼ全ての国内籍公募投資信託 約 5,400 銘柄と、マネックス証券以外もカバーした販売会社と確定拠出年金 約400社を対象に、投資目標に近づける具体的な銘柄を表示することで、投資初心者から資産運用層までの投資をサポートします。先進的な金融工学モデルとデータを基とし、資産運用に必要な情報と操作をスマートフォン上で実現しています。

04リクルートライフスタイルAirREGI_1

Airレジ
株式会社リクルートライフスタイル ネットビジネス本部 リアルマーケティング開発グループ
グループマネジャー 佐々木 康太朗氏
<無料で簡単に使えるPOSレジアプリ>Airレジは、お店の運営・経営に必要なさまざまな機能を、スマホやタブレットなどスマートデバイス上で使えるようにしたアプリです。多機能で高性能なのに、導入も使い方も、シンプルでカンタン。お店を成功させたい方々の大きな力になります。また、Squareやfreee、マネーフォワードや弥生シリーズなど、決済にまつわる外部サービスと連携することで、より使いやすいサービスを目指しています。

 

※サービス名のアイウエオ順で掲載させていただいています。登壇順は現在調整中です。
※登壇サービスの発表内容が一部変更になる可能性があります。
※特別枠は、アワードの対象外です。
※登壇サービス発表日現在、未公開サービスも含まれています(2015.1.19)

 

スポンサー・パートナーのみなさま

ゴールドスポンサー:

ソニー銀行ロゴ

 

 

 

シルバースポンサー:
LOGO_RGB2 01B_logo_kihon_J_C

 

メディアパートナー:

Longine-logo02NewsPicks_logo_White

 

 

 

×0ê0ó0È0 gw_logo_web

 

 

ろご

Celent

 

イベントパートナー:

Uber_Logo_White_Background_2

 

主催:

isid_sig_07_R

※ スポンサーも募集を行っておりますので、FIBC事務局(FIBC事務局(g-fibc@group.isid.co.jp)までお気軽にご連絡ください。

 

FIBC2014開催の様子

DSC_0051_1_満員の会場

FIBC2014  集合写真

 

FIBCの公式Facebook

 

個人情報の取り扱いについて

本カンファレンスのお申し込み受け付けは、Orinoco Peatix 株式会社のシステムを利用しています。
登録情報はOrinoco Peatix 株式会社の個人情報保護方針(プライバシー ポリシー) に則り管理されます。
この登録情報は弊社に提供されます。弊社の個人情報保護方針はこちらよりご確認ください。